本屋さん

いちばん好きな場所は、家なんですが(ほんと、心底インドア派です)
その次が、本屋です。

個展前などになるとなかなか行けないので、
「本屋にいくんだ!」を励みにしたりもするくらい、
好きな場所なのです。

美味しいものを食べにはわざわざ出かけないけど、
(家で食べるのが一番好き)
めずらしい本屋さんがあるなら、旅先であろうが
できるだけ行きたい。

ちゃんとした本(?)はそんなに読まないくせに、
とにかく子供の頃から本のある場所が好きなんです。

多分本屋に居るときは、目が皿のようになって、
あちこち見て回ります。
見ないのは専門書コーナーと、参考書と、PC関連のとこ。

何に出会うかわからないから、とても楽しい♪
古本屋だと、掘り出し物を探すのも楽しいですしね。

これまで買った本の中で、掘り出しものだったなぁと
自分でも思ったのは何冊かあるのだけども、
今の一押し(?)はこれです。

「Parallel Visions」
20世紀美術とアウトサイダーアート

93年に世田谷美術館で開催された展覧会用のカタログも
兼ねた本だと思うのだけども、
近くの古本屋さんでは¥5500が¥1500だったので、
当時大学生くらいだったのだけども、
これはおもしろい!!と思って衝動買いをしました。
それ以降、ヘンリー・ダーガーの
ブーム(?)もあってか、今古本屋さんなどで買おうとすると、
かなり高い値段がついているみたいです。
思わぬところで、面白いものに出会う!
古本の面白さはこれですよね♪
これぞ古本屋!というところより、大手古本チェーン店なんかだと
割と掘り出し物が、やす~く手に入ったりします。

だから本屋さんに居るときは、油断ならないのです(笑)
面白そうな本を見逃さないようにしないと!

でもその前に、きちんと読まないといけないのだけど・・・。

*本日の写真*
掘り出しもの本。
「Parallel Visions」
-20世紀美術とアウトサイダーアート-
表紙のインパクトも大!
a0094042_1231741.jpg

[PR]
by wbs-nagahana | 2007-12-11 01:23 | 日々のこと