真夜中のチクチク


チクチク
チクチク

せっせと手を動かしています。

はなうたサーカスの曲に、
「真夜中の仕立て屋」という大好きな曲があるのですが、
この曲のように、私のところへも、
真夜中に誰かがこっそり制作机にやってきて、
チクチクと縫うのを手伝ってくれないかなぁとか、
密かに思ったことはあります。
(この誰かとは、不思議な小さい人たちのことです)
でも、朝まで私がチクチクしているのだから、
出番がないのでしょうね・・・。

なんて、ぼーっとふぁんたずぃーなことを考えてみました。

そういえば先日、原書で「はりーぽったー7」を読んでいた友人Mさんから、
どうなったの~?教えて~!と、ラストを聞いてしまいました。
(シリーズの4までは読んだのだけど、その後は断念してます)
イギリスのファンタジーって、結構シビアなのですね・・・。

現実社会がシビアなのだから、お話の中くらいは、
めでたしめでたし、が好きなのですけれども。
(でもかわいそうなお話ほど、印象に残る、というのも事実)

関係ないけども、
随分と昔から気になっていた映画のDVDを、
ついにアマゾンで購入してしまいました。
「ざくろの色」という作品なのですが、
こちらはストーリーらしきものはあるようなないような、
お話というよりは、映像で見せてくれそうなので、
届くのが楽しみです♪
[PR]
by wbs-nagahana | 2008-01-10 00:47 | 日々のこと