古本とライブ

今日は、いつもDMのデザイン&制作をして下さる、
森さんとご一緒に、神田古本めぐりと、
九段会館での湯川潮音さんのライブへ行って参りました。

久しぶりの神田の古書街。
春休み中の土曜日、そしてちょうど古本市のようなのを
街全体でやっていたからか、結構な人出でした。
あれこれ気になるものがあったのですが、
欲しいなぁと思って手にとると、5000円前後だったりして、
なかなか購入までには至らず。
最後、もう九段下へ向かわねば!という時間ぎりぎりに
入った、絵本・児童書専門の古書店で、
これは!というものを発見しました。

ロシアの演劇の本のようで(多分1967年発行?)、
モノクロ写真ではあるけれども、全150(+解説)ページ
すべて写真で、なかなかこれが面白いのです。
演劇、バレエ、オペラ?、人形劇まで網羅されていて、
写真がたくさん掲載されているため、舞台美術や衣装なんかも
よくわかって、楽しめます。
かなり表紙はぼろだったんですが、1980年と書いてある
ロシア語の古新聞まではさまっていて、これを持ってた人って
どんな人なんだろうなぁと、想像をかきたてられます♪
しかもお値段1500円なり。
そこそこ掘り出し物?

a0094042_0142357.jpg




ほくほく気分でその後、九段会館へてくてく移動。
靖国神社の桜が満開で、それはそれはきれいでした。
(中まで入ってないけれども・・・)

今日は、私にとっては初の湯川潮音さんのライブ(演奏会?)でしたので、
とっても楽しみでした。
九段会館のクラシカルな雰囲気もあいまって、
その期待を全く裏切らず、とっても素敵だったなぁ・・・。
歌唱力には感動しちゃいました。本当にきれいな歌声です。
えっもう終わり!?と思ってしまうくらい、
魔法の時間でしたねぇ・・・あれは。
また行ってみたいなぁ。

そんなこんなで、今日は
グッとくる古本も、桜も、素敵な歌もばっちり手に入れた感じの
欲張りな1日でした。

やっぱりひきこもり制作ばかりじゃだめ~!
[PR]
by wbs-nagahana | 2008-03-30 00:12 | 日々のこと