かお

いろいろのために、「顔ブローチ」をいくつか作りました。
顔ブローチのサイズは、大体2.5cm~3cm弱なのですが、
この小さい顔たちも、自然にひとつひとつみんな違う顔になるから
不思議です。「見本」があるわけじゃないですし、
こんな顔もあったらいいな、とかそんな風に描いているので、
違っているのはあたりまえなのですけれど。

普段の人形の制作のとき、基本的にはいつも
顔を先に描きます。
顔次第で、他の部分が決まる感じです。
こちらも、下絵も何もありませんから、
行き当たりばったりに描くのですが、
この緊張感が毎回とても好きなんです。

布に描くから、失敗は許されないのですが、
「思うようなの」が描けないということもほとんどありません。
というか、「思うように」ではなくて「思わない」からかも。
何も考えず(なんとなくの目鼻口の位置は考えるけど)
手が勝手に動く感じで描き始めて、
ある瞬間に「あ、この人形はこういう顔なんだ」と
気がつくというか。
それで一息に描きます。

それでもお仕事のときは、もとのイメージ(例えば、喜怒哀楽が決まっているとか)
があるので、悲しいイメージなら「悲しい顔」と念じながら描きますけれど。
自分では見たこと無いけど、「悲しい顔」と念じてるときは
自分の顔もそんな風になってることと思います。

顔は人形のいのち。
その中でもとくに、目。

つまんない目をしてたら、
やっぱりいけないなぁと思います。
(自分含む)

*本日の写真*
ちょびひげ顔ブローチ
まだ4つめのちょびひげシリーズ。
なぜか女性に人気(?)です。
ご購入して下さった方たちが名付けてくださるんですが
みんななぜかラテン系。
それは、きっと下まつげのせいだからと思われます。
a0094042_140422.jpg

[PR]
by wbs-nagahana | 2008-06-26 01:40 | 日々のこと