今日は、睡眠およそ3時間。
午前中に藍さんから週末に必要な作品の一部を
受け取りに行く予定があったので
そんな感じになったのですが、
結構このくらいの睡眠時間でも一日くらいはへっちゃらです。

むかしは、昼ねをすると必ずと言っていいほど
悪夢を見たのだけど、最近は全くなくなりました。
ついこの前は珍しく、すごくカラフルできれいな夢を観ました。
部屋の窓から外を見ると、
夏の夕立後の晴れ間みたいに、空気が澄んだような空模様で、
そこをカラフルな気球がいくつも飛んでる、という夢でした。

夢って不思議ですよね。
周りの人にきくと、全く夢なんか見ない、という人もいれば、
ほっぺたが痛くなるくらいおかしな夢を見る人もいますしね。
私は面白い夢なんてほとんど見たことがなくて、
こわ~い悪夢派(?)なのですが、
人それぞれで、夢の話を聞くのが結構好きなんです。

窓の外をみたら、上下も前もどこまでも続く真っ暗闇な夢とか、
歯ががりっがりっといくつも抜け落ちる夢とか、
かなり大きな小熊のミーシャ(日本語がへん?)が
家の中に入ってこようとしてる夢とか、
後ろを振り返ると、黄色と黒のしましまな
10メートルくらいある芋虫が
這いずり回ってる夢なんか、よく覚えてるけれど。
ドアの無いヘリに乗って、高校の上を飛んでる夢もみたな~。
芝生の緑がすごくきれいだった、なんてことまで覚えてます。

頭の中で何がどうなってこういう夢を見るのか、
ホントに不思議でなりません。
無意識だからこそ、この妙にリアルで、でも現実には全くあり得ない
ものを映像として見られるんだと思うけど。

作品を制作するのに、脳みそが自然にやっている
想像する力のようなものは、きっと夢を見るのとは
違うところが使われているんだと思うけど、
同じ脳みその中で、いろんなイメージが意識でも無意識でも
働いているというのは面白いことだなと思います。
[PR]
by wbs-nagahana | 2008-07-18 00:55 | 日々のこと