先生

本日もせっせと、絵の完成を目指して制作の一日。
じわじわながらも進んでいます。

何かと話題の「学校の先生」ですが、

中学生の頃、
とある美術の先生が、授業中に生徒たちがうるさいと
突然、「ピーーーーッ!!」と笛を鳴らして、
「静かにしなさい」と言ってました。
体育じゃないんだからね・・・。

大学は別としても、小~高校までの美術の先生で
この先生に教えてもらえて嬉しい、と思ったことが
密かに一度たりともなかったのは、
幸か不幸か・・・。

勝手にやらせてくれたという点では、高校の先生は
面白かったけれど、「美術の先生」から
技術的なことでも、精神的なことでも、
何かを教えてもらったことって
多分ほとんどないんじゃないかと思われます。
(電鋸などの機械の使い方とかは別として)

「先生から教わる下手」だったから特にそうだったのかも
しれないのだけど、絵を描くのが単純に好きだったから、
良いにこしたことはないと思うけど、
成績がそんなに良く無くったってあんまり気になりませんでした。

ちなみに、今はこんなに手縫いでチクチクな毎日を
送っているというのに、
当時、半泣きになるくらい家庭科が大ッ嫌いだったりして・・・(笑)

先生って大変だな、と今になって思います。
下手っぴだって、やる気があって美術の好きな子がいるし、
うまく描けるけど、それだけな子もいたりする。

そんないろんな子たちが作ったものに対して成績を
つけなきゃいけないんだから、これはもうあとは
先生自身の「見る目」とやらがないと。
私はそんなの怖くてできない~・・・。
成績つけなくていいなら、教えたりするのは
すごく楽しそうだけれども。
多分一緒になって制作しちゃいそうです。
それが一番教えるのには、手っ取り早かったりしてね。

*本日の写真*
はではでその2。
ちょっとめたぼな感じです。
a0094042_23111.jpg

[PR]
by wbs-nagahana | 2008-07-30 02:04 | 日々のこと